• TOP
  • 審美・ホワイトニング

審美歯科で「美しい歯」「咬める歯」を

ニッコリ笑ったときに美しく白い歯が見えると、それだけでその人の印象が良くなるものです。しかし歯はアクセサリーではなく、しっかり咬めてこその歯。大分駅南口から徒歩3分の歯科「土屋デンタルクリニック・大分オフィス」では、見た目と機能性の両方を良くするための審美歯科治療をお届けしております。

当院の審美歯科治療

「審美歯科」とは歯の美しさを重視した歯科治療を行うことです。たとえば、見た目が気になる銀歯を白い素材に変える、乱れた歯並びを美しく整える、黄ばみ・着色汚れが気になる歯を白くするなど、「歯の美しさ」を目的とした治療は「審美歯科」の分野です。

しかし単に見た目を良くするだけでは、患者さまにとってメリットのある「審美歯科」とは言えないと、当院は考えます。美しい歯や美しい口元を手に入れても、それが一時的なものでは意味がありません。そのため、当院の審美歯科では、「歯の美しさ」という見た目だけではなく、機能面の改善も重視します。見た目と機能の両方を改善するための審美歯科治療をご提案しております。

審美歯科治療に用いるセラミック素材は透明度が高く、自然歯により近い見た目が実現できることが大きな魅力。さらに、「金属アレルギーのリスクがない」「割れにくい」「汚れがつきにくい」など、機能面でもさまざまなメリットが得られる素材です。

審美治療内容例

オールセラミック

セラミックだけで作られた被せ物。自然な色調の再現が可能で審美性が高く、変色や摩耗にも強いことが特徴です。金属アレルギーのリスクもありません。

e.max(イーマックス)

●e.max(イーマックス)

透明感がとても高い素材で、「審美性」「耐久性」を合わせ持ったセラミック素材です。硬さは天然の歯と似ており、歯を傷つけにくいのが特徴です。作製方法はCAD/CAMとe.maxプレスがありますが当院では適合を重視し、e.maxプレスを使用しております。

ジルコニア

●ジルコニア

ダイヤモンドと同じ構造を持ち、非常に強度が高い素材です。自然な白さと透明感が大きな特徴で、天然歯とかわらない見た目に仕上げることができます。

メタルボンド

金属の外側にセラミックを焼きつけて作られた素材です。セラミックと比較すると透明度は劣りますが、強度が高いため、強く咬む力がかかりやすい奥歯の使用に適しています。

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削って、セラミック製の薄い板を貼りつける処置です。これにより歯の色・形を整えられることはもちろん、すきっ歯などの歯並びの乱れを整えることも可能です。

ファイバーコア

歯の土台(コア)となる部分にファイバー樹脂素材を用いる処置。ファイバー樹脂製のコアには柔軟性があるため、破断のリスクが軽減されます。また、金属アレルギーの心配もありません。

ダイレクトボンディング

前歯のすきっ歯などを、歯にプラスチックを詰めることで治療する方法。色・形を歯に合わせられる素材を用いることで、美しく、しかも短い治療期間で治療が可能となります。

自費と保険の違い

自費と保険の補綴物の違いについて
日本では保険治療がメインで行われているが、海外では時間をかけてより質の高い治療が行われている
保険治療は安価である反面、自費治療に比べると治療法が限られているほか、見た目や耐久性など劣る点が見られる

自費   保険
高価 治療費 安価
  • ・セラミック使用
  • ・透明度も高く、自然歯により近い
  • ・奥歯も白くできる
  • ・変色しにくい
審美性
  • ・パラジウム使用(悪いものではないがアレルギーのリスクがあることもあり、世界的にも使われている国は少ない)
  • ・奥歯は銀歯になる
  • ・変色しやすい
可能性はほとんどない アレルギー 可能性がある(金属がずっと口の中にある為)
  • ・割れる可能性はあるが、かなり低い
  • ・すりへらなくて長持ち・汚れも付きにくい
耐久性
  • ・レジンの場合は、割れる可能性がある
  • ・銀歯の場合は、耐久性はあるが、錆びる
材料の選択肢に幅があり、マイクロスコープを使用することで細部まで確認することができるため高精度である 精度 型取り材料が決まっているので、限界がある
治療法に制限がなく、選択肢が増え、
より希望に近い歯を製作していくことができる
その他 限られた時間と材料で製作していくので治療法に限界がある

※自費診療に使われる素材にはハイブリッドレジンという種類もありますが、特徴は保険診療のレジンとほぼ同じです

審美治療の症例

施術前

施術後

ホワイトニング

 ホワイトニングは歯に専用の薬剤(ホワイトニング剤)を塗布し、着色のある歯を漂白する処置です。ブラッシングやクリーニングでは落とせないしつこい黄ばみでも、歯を削らずに白くすることができます。美しい口元にご興味のある方は、まずホワイトニングで試す事をおすすめしております。当院では、ホワイトニング先進国のアメリカで使用されていて、日本で導入している医院が少ない薬剤を導入しております。他院でホワイトニングに満足出来なかった方も、是非お試しください。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があり、ご要望に合わせてお選びいただけます。
ご要望に合わせてお選びいただけます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で施術するタイプのホワイトニングです。
高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布し、特殊な光を一定時間照射することで歯を白くします。

元の色に戻りやすいというデメリットはあるものの、数回の施術で理想の白い歯を実現できます。喫煙やコーヒー・紅茶などによる歯の変色をはじめ、加齢や遺伝による黄ばみにも効果的です。

ホームホワイトニング

ご自宅で、ご自身の手で施術していただくタイプのホワイトニングです。歯科医院で患者さまに合わせたマウストレーを作製し、そこに低濃度のホワイトニング剤を入れて数時間装着。

これを毎日繰り返すことで歯を白くしていきます。理想の白さになるまでは時間がかかりますが、元の色に戻りにくいというメリットがあります。

その他のホワイトニング

歯だけではなく、歯茎もきれいに見せることができます。ご興味のある方は、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

●ウォーキングブリーチ

歯の神経を取った穴に過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混合したホワイトニング剤を注入し、歯に浸透させて白くするホワイトニング。むし歯治療などで神経を抜いた歯だけに使用することができます。

●ガムブリーチ

タバコのヤニなどが原因で歯茎に色素沈着が生じた場合に、レーザーで黒ずんだ歯茎を健康的なピンク色に戻す処置です。

ページTOPへ