• TOP
  • 補綴(ほてつ)とは?

専門医が提供する、世界レベルで科学的根拠のある補綴(ほてつ)治療

歯の機能を回復するための歯の補綴(ほてつ)治療。大分市の歯科「土屋デンタルクリニック・大分オフィス」には、アメリカ補綴(ほてつ)学会認定指導医がいます。「他の歯科医院で治療が難しいと言われた」「セカンドオピニオンをしたい」「審美治療を考えている」方は、ぜひ当院までご相談ください。

補綴(ほてつ)とは?

歯科治療における補綴(ほてつ)とは、失った歯の機能を回復するための治療です。歯が欠けてしまったり、抜けてしまったりした場合に、義歯(入れ歯)やクラウンなどの人工物によって、失った歯を補うことを指します。補綴(ほてつ)治療には、以下のようなさまざまな種類があります。

クラウン 歯茎より上の歯(歯冠)が失われた場合に、歯の根の部分に金属の芯を挿し込み、そこへ人工の歯を造る治療
ブリッジ 両脇の歯を利用して、人工歯を橋(ブリッジ)のようにかける治療
部分入れ歯 歯を失った部分を、一部補うための義歯(入れ歯)
総入れ歯 上顎のみ、下顎のみ、あるいはすべての歯を失った場合に、そのすべてを補うための義歯(入れ歯)
インプラント 顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、そこへ人工歯を装着する治療法
顎義歯 口腔内や顎の欠損を補い、咬む・話すなどの機能を回復する治療

このように、歯や顎の機能が損なわれた場合には、補綴(ほてつ)治療によってそれを補うことができます。しかし、場合によっては、長く安定を保つことができず、短期間のうちに再治療が必要になるケースも。長期的に安定する補綴(ほてつ)治療を実現するためには、治療者の高い技術・多くの知識・豊富な経験が求められます。

世界レベルと日本の違い

アメリカの医療界では、医科だけではなく歯科の分野においても「専門医制度」が確立され、歯科公衆衛生・口腔外科・歯周病・補綴(ほてつ)・歯科放射線・口腔病理・歯内療法・矯正・小児歯科の9つの分野に分かれ、各専門学会による専門医養成プログラムが運営されています。

たとえば、より専門的な治療を必要としている患者さまが、一般歯科医のもとを訪れたとしましょう。アメリカではこの場合、補綴(ほてつ)専門医へと紹介することが自然な流れとなっています。専門医制度が確立されているため、医師も患者さまも、どちらも「専門医」の重要性をきちんと理解しているからです。

しかし日本ではどうでしょうか? 「専門医であること」にこだわって歯科医院を探す患者さまも、そして「専門医であること」にこだわって診療している歯科医師も、まだまだ少ないのが現状です。

日本では「補綴(ほてつ)専門医」という存在そのものが、ほとんど浸透していません。そもそも専門医制度自体が確立されていないのですから、これは当たり前のことです。「専門医制度」という面において、残念ながら日本はまだ世界レベルに達しているとは言えないのです。

当院は、世界レベルで科学的根拠のある治療をしています

大分市の「土屋デンタルクリニック・大分オフィス」では、アメリカ補綴(ほてつ)学会認定指導医の資格を持つ歯科医師が患者さまの治療にあたっています。この認定指導医資格を持つ歯科医師は、日本ではまだ数人のみです。

さらに積極的に学会などへも参加し、現代歯科学の発展への貢献。そしてそれを医院での診療にフィードバックすることにより、提供する歯科医療のレベルアップに努めています。

当院がご提供する歯の補綴(ほてつ)治療は、補綴(ほてつ)専門医によるもの。

保険診療で一般的に使われる「パラジウム」は悪い素材ではありませんが、アレルギーのリスクがあることもあり、世界的に使われている国は少ない素材です。素材の面でも科学的根拠のしっかりしているものを使用した補綴(ほてつ)治療を目指しています。

ページTOPへ