• TOP
  • お知らせ・ブログ
  • 入れ歯にブリッジ、インプラント治療、どの治療が自分には合っているのか?

入れ歯にブリッジ、インプラント治療、どの治療が自分には合っているのか?

歯を失ったときの主な治療には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。保険適応内であれば比較的安価ででき、治療期間も短い治療として、入れ歯やブリッジが挙げられますが、ブリッジは健全な歯を削るため、支えとなる歯に負担がかかります。そのため、歯を残すという観点ではデメリットがあると言えるでしょう。一方入れ歯は、ブリッジほどは歯を削らず、残った歯への負担も少ない治療法です。とはいえお手入れが面倒だったり、装着時の違和感を感じる方がいらっしゃるのも事実です。

 

インプラントは健康保険が適用されない治療であったり、治療に一定の期間がかかったりはするものの、残っている歯への負担を考えると、入れ歯やブリッジより優れています。また見た目や耐久年数に加えて、噛む力も元々の歯とさほど変わらず、まるでご自身の歯のように快適に食事を楽しめます。当院では、出来るだけ多くの歯を残してしっかり噛める事が、健康年齢に深く関わっていると考えているため、インプラント治療を推奨しています。

 

ページTOPへ